工事の流れ

エスユープレイスの技術の結晶。最高の技で最高品質の工事をお約束いたします。

塗装工事の流れ・施工工程

ここでは塗装工事の工程をご説明します。

当店では外壁・屋根は最低4回塗り、その他木部・鉄部・付帯部も最低3回塗りを徹底して行っています。(痛みの状況と仕上り具合から4回・5回塗る事もありますが、それは私ども職人のプライドとこだわりの範囲であって、その際の追加費用等は一切頂いておりませんのでご安心下さい。)

そして、通常下塗りや中塗りなどはローラーで塗れるところだけ塗って、細部刷毛入れは上塗りしか行わない塗装業者が大多数を占めているのが現状ですが、当店では全工程において全て細部まで丁寧に刷毛入れを行っています。

下塗りも中塗りも上塗りも全てをキッチリ塗り上げるのが当たり前であり、正規の施工方法です。(私も仕事上今まで数え切れない程、色々な同業者と仕事をした事がありますが、その当たり前を行っている業者さんを私は1社しか知りません。。。嘘の様ですが全部実話でありこれが業界の実態です。)

当たり前のことを当たり前にこなす、その基本を当たり前に守る中で職人の技を織り成すのが当店にてご提供する塗装工事です。

さて、工事の流れですが建物の状況等で工程が前後する場合もございますが、おおまかな流れは下記の通りです。

エスユープレイスがお届けする塗装工事の流れ

足場仮設設置
STEP 1. 足場仮設・飛散防止シート設置
作業員の安全と作業の円滑化のために足場の仮設を行います。

また周囲への飛散防止と作業員の落下防止の為に足場の外周に飛散防止メッシュシートを張ります。
icon_arrow
高圧トルネード洗浄作業中!
STEP 2. 高圧トルネード洗浄
長年溜まった汚れを専用の機械にて丁寧に洗い流していきます。しっかりとした洗浄を行うことで、この後の塗装作業における塗料の密着力が高まり仕上がりも美しくなります。

また塗料本来の耐久性を十分引き出すためには、非常に重要な工程になります。

特長1
弊社では併せてサッシ・網戸・雨戸の洗浄も無料でサービス致します。
icon_arrow
下地処理作業
STEP 3. 下地処理作業
劣化塗膜を剥がすケレン作業や、ひび割れの徹底的なVカット補修、シーリング処理や目荒らし等々、塗装工事はこの下地処理が最も重要になります。

どんなに高価な塗料を使用しても子の作業を怠るとすぐに塗装がダメになります。
icon_arrow
木部・鉄部下塗り・中塗り
STEP 4. 木部・鉄部下塗り・中塗り
下地処理をしっかりと行った後に、外壁に先行して木部・鉄部の下塗りを入れておきます。

劣化した木部は仕上材だけでは吸い込んでしまうため、木部専用の下塗り・鉄部には高品質な2液型エポキシ樹脂サビ止め塗装を箇所別にしっかり塗装していきます。

当店では下地材にもとことんこだわり、全現場標準仕様として2液型の弱溶剤系エポキシ樹脂系の下塗りを使用しています。

下塗り後に木部・鉄部に中塗り塗装を行います。
icon_arrow
養生テープは丁寧に!
STEP 5. 養生
塗料が付着してはいけない箇所や塗らない箇所をマスキングしたりビニールで覆いかぶせていきます。

子の作業は簡単そうに見えますが、確実に行うには職人として高い技術が必要になります。

また職人の腕の差がはっきりと出ます。(最近の塗装屋は養生が汚らしかったりピシッとビニール張りが出来ない職人が大変多い様に感じます。)当店では徹底的に養生を行います。

この作業から窓の開閉等が出来なくなる場合が御座いますが、何卒ご理解・ご協力の程お願い申し上げます。
icon_arrow
下地調整材下塗り1・2回目
STEP 6. 下地調整材下塗り1・2回目
上塗り材との密着を高めたり、荒れた下地を滑らかに整えるため外壁・屋根には必ず浸透性シーラー又はアンダーフィーラーを塗ります。

素地に浸透し再生補強したり、仕上材との密着を高める接着剤のような役割も果たします。下塗りも細部まできっちりと刷毛を使い細部に至るまで丁寧に塗ります。

しっかりと塗装していくことで塗膜耐久性を最大限に引き出します。箇所別にしっかりと塗装し下地を強化していきます。
icon_arrow
中塗り(上塗り1回目)
STEP 7. 中塗り(上塗り1回目)
下地調整材の塗装が完了しましたら、次に中塗り作業に入ります。

材料は上塗り材と同じものです。この工程を省く業者が後を絶ちません。弊社では定められたメーカーの仕様を厳守し、十分な塗膜厚を確保し塗装していきます。

十分な膜厚を確保することで強靭な塗膜を形成し、しっかりとした耐久性を出すためにも絶対に省いたりすることは出来ません。
icon_arrow
トップコート(上塗り2回目
STEP 8. トップコート(上塗り2回目)
中塗りと同様の材料で仕上げ塗装を施します。

必要以上に材料を薄めたりすることは絶対にしません。メーカー指定施工要領書に沿って定められた希釈を守り丁寧に仕上げていきます
icon_arrow
その他付帯部塗装
STEP 9. その他付帯部塗装
外壁や屋根などの塗装が終わると、細かい部分の仕上げ塗装作業に入ります。

附帯部も最低3回以上、しっかりと塗っていきます。雨戸や木枠、霧除け、水切り、胴差等々。

屋根や外壁以外にもまだまだ塗装を施す場所はたくさんあります。

細部に至るまで丁寧に仕上げていきますので、この作業も少し時間が掛かります。
icon_arrow
点検・タッチアップ・清掃
STEP 10. 点検・タッチアップ・清掃
最後に塗り残しがないかなどを最終チェックし、手直しを行っていきます。

窓などにはみ出した塗料の清掃も行い、ラインがまっすぐ出ていない箇所はライン取り直しまで行います。

お気づきの点や、気になる箇所などが御座いましたらお気軽にお申し付け下さい。
icon_arrow
全体最終点検・仮設足場解体
STEP 11. 全体最終点検・仮設足場解体
足場解体前にもう一度全体の最終チェックを行い、施工漏れがないかを確認します。

その後足場の解体を行っていきます。

足場解体後、建物をぐるっと周りながら清掃と部材の拾い忘れがないかを確認します。
icon_arrow
STEP 12. 工事完了・お引き渡し
足場解体後に竣工検査確認書にお客様のサインを頂きようやく完工となります。

きれいに美しく甦ったおうちは、お客様と私たちの作品で御座います。

その他、アフターケアなどこれからも末永いお付き合いをどうぞ宜しくお願い致します。

「エスユープレイスに任せて良かった。」

お客様に心からそう思って頂けますよう精一杯リモデリングのお手伝いをさせて頂きます。
工事完了・お引き渡し
工事完了・お引き渡し